2009年11月29日

ゼロの焦点

ゼロの焦点.jpg松本清張生誕100年記念作品
松本清張の代表作のひとつであり
ずっと昔に読んだ記憶はあったが
ストーリーは完全に忘れておりました。

隠された過去が偶然に金沢でクロスオーバーし
連続殺人事件と発展してゆく
果たして犯人は?動機は?

残された2枚の写真
文字が読めないが、英語が話せる謎の女性
いくつものキーを残しながら
衝撃の結末へ…

中谷美紀
凄かったです。
怖かったです。
目で演技してました。
完全に主役の広末を食ってた。

重たいけど
いい映画でした。


posted by fieldオヤジ at 23:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

TAKURO YOSHIDA CONPLETE TAKURO TOUR 1979

TOUR1979
30年前のライブアルバムの復刻盤である。
TAKURO1979.jpg尖がっていた頃の吉田拓郎の伝説のライブアルバムである。
1979年20歳
車は白いスプリンタートレノ
もちろんマニュアルミッション
ドライブはもちろん”海”だった。
ジーンズはリーバイスでもエドウィンでもなく
ラングラーかビッグジョンの時代である。
アイドルはジュリー、山口百恵の時代である。
ハイライトをいきがって吸っていた時代でもある。

月日は流れ
若者はオヤジになって
車は黒いステーションワゴン(当時はライトバンと呼ばれたスタイルである)
ドライブはお寺巡りになってしまった。
それでも
オープニングの
”知識”には鳥肌が立った
言葉をみんな食い荒らし
知識のみがまかり通る
一人になるのに理由がいるか
理由があるから生きるのか

自由を語るな不自由な顔で
君は若いと言うつもりかい
年功序列はふるいなどと
かんばんだけの知識人よ


戦慄の吉田拓郎ここにありである。
posted by fieldオヤジ at 23:08| Comment(0) | サウンドレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月21日

玉ねぎ植え付け

2009玉ねぎ苗.jpg今年も種から育ててみた玉ねぎが立派な苗に成長
11月15日に植え付けを行いました。
予想以上にいい苗だったのであるが
優良な苗を選んで20センチ間隔に3列
丁寧に植え付け!
去年は間隔を詰めすぎてやや小振りだったので今年は余裕を持って植え付けました。
苗が余ってしまったのは少々もったいないのですが
2009.11.15玉ねぎ植え付け.jpg梅雨明け前の約7カ月
丁寧に育てましょう。
posted by fieldオヤジ at 22:07| Comment(0) | 家庭菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

比叡山延暦寺根本中堂

北の天から南の天へ
乾の天から巽の天へ
西の天から東の天へ
坤から艮へ
上の天から下の天
日の天から月の天

比叡山延暦寺根本中堂.jpg天台宗総本山比叡山延暦寺
親鸞聖人も、法然上人も、臨済宗も、日蓮宗も
延暦寺の修行僧から始まったらしい(ほんまかいな?)
仏教の歴史はさておき
深まりゆく秋、紅葉の名刹を巡る
心落ち着くのはなぜだろう。
気持が癒されるのはなぜだろう。

毘沙門天から閻魔の天へ
風の天から火の天へ
水の天から帝釈天へ
羅刹天から伊舎那天
梵の天から地の天へ
火の天から月の天





posted by fieldオヤジ at 20:46| Comment(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

DRAMA! 中島みゆき

やさしき者ほど傷つく浮世
涙の輪廻が来生を迷う
垣衣から萱草
裏切り前の1日へ
誓いを戻せ除夜の鐘

DRAMA!

日用品としての音楽なのだそうです。
今まさに全盛期の中島みゆき
曲使いと言葉の操り方
お見事です。
posted by fieldオヤジ at 23:58| Comment(0) | サウンドレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

18時開演 TAKURO YOSHIDA LIVE at TOKYO INTERNATIONAL FORUM

あの吉田拓郎最後の全国ツアーのアルバムであります。
無念の途中中止になってしまったあのツアーであります。
チケットが手に入らず涙を飲んだあのツアーであります。
MCもすべてノーカットの完全収録版であります。
takurou2.jpg

MCもすべて収録することでツアーに行けなかったファンの希望に応えてるところが拓郎らしい。
歌詞カードもライブ写真も一切ついていない。
このことで「そこに居る」気分を楽しめる。

古いファンには、
「吉田拓郎のコンサートってこんな感じだったよな」って振り返れる作品だ!
posted by fieldオヤジ at 23:30| Comment(0) | サウンドレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月09日

愛だけを残せ

愛だけを残せ
映画「ゼロの焦点」の主題歌である。
いかにも映画の主題歌らしくストリングスを多様した重厚なサウンドであります。

愛だけを残せ 壊れない愛を
激流のような時の中で
愛だけを残せ 名さえも残さず
生命(いのち)の証(あかし)に 愛だけを残せ

みんな儚くて みんな愛しくて
振り返ってしまうから

愛だけを残せ大切な人が去ってしまった今年
フェイバリットな人々が去ってしまった今年

みんな儚くて みんな愛しくて
振り返ってしまうから


(涙をこらえられものならこらえてみろ!)
みたいなタイミングでの発表
またもや中島みゆきに打ちのめされてしまった。

紫綬褒章叙勲
このタイミングで「愛だけを残せ」
ニューアルバム発売直前に
未収録シングルの発売

恐るべし中島みゆきであります。

芸術の秋
今度はMCも収録した
完全収録のあの人のライブアルバムだ!
posted by fieldオヤジ at 23:06| Comment(0) | サウンドレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月08日

奈良古刹巡り

興福寺
奈良の古刹巡りに行ってみた。
朝早くに家を出て、八時過ぎに奈良に到着。
興福寺で開催されている「お堂で見る阿修羅」を見学であります。
東京と九州の国立博物館で展示された後
興福寺に戻ってきたのを記念してのイベントだそうで
お堂に阿修羅像が安置されるのは実に110年ぶりだそうで、
チケットを買うのに長蛇の列
買ってからさらに安置されている仮金堂に入るまでがさらに長蛇の列。
この阿修羅様。ファンクラブができるほどの人気であり
まさに仏像界のスーパーアイドルである。
我が家は早くから並んだので1時間ほどで入れたが、
拝観を終えて出てくる頃には
なんと3時間待ちの長蛇の列が伸びていた。
阿修羅恐るべしであります。
薬師寺
人・人・人の興福寺から西の京薬師寺へ
ここは幾度となく訪れているお寺で
金堂の薬師如来、日光菩薩、月光菩薩を眺めると妙に落ち着くのである。
静か過ぎず、騒がしすぎずがお気に入りの名刹である。
いつものように、白鳳伽藍と玄奘三蔵院伽藍を拝観
本日は山田管主の法話を聞かせて頂いた。
聞いている者を飽きさせずユーモアを交えてのお話感服いたしました。

唐招提寺

薬師寺から西の京を散策しながら唐招提寺へ向かう
天平の甍、鑑真和上、
金堂の平成の大修理が落慶したばかりでここもかなりの人でありました。

拝観を終え再び薬師寺へ
境内で大谷徹奘氏とばったり会った。
初めてお話しすることができて感激でありました。
「世界遺産のお寺の坊さんと友達ってなかなかいませんよ!」
この一言が印象的でした

ぽかぽか陽気の秋の一日
奈良の名刹めぐり
なかなかのものでありました。
posted by fieldオヤジ at 23:21| Comment(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月07日

まもなく開花

11月7日虹色スミレ

つぼみが膨らんできました
この陽気が続けば
もうすぐ開花かな?
定植間近です。
posted by fieldオヤジ at 22:16| Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年も玉ねぎ

玉ねぎ苗2009
今年も順調に玉ねぎ苗が成育
植え付けに備えて
有機肥料とぼかし肥料で畑づくり
1週間寝かせて
有機石灰をすきこんで畝つくり
去年は間隔を詰めすぎて小ぶりな収穫
今年は広めに植え付け
いよいよ次週であります。
posted by fieldオヤジ at 22:12| Comment(0) | 家庭菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。