2008年10月11日

PTA学年懇談会

今日は息子の高校の学年懇談会
1年生副会長のお仕事で、開催に当たっての挨拶である。
ウケ狙いでいろいろと考えて来たものの、壇上に上がると頭が真っ白
思ってることの半分も話せない。

通信教育大手のベネッセの人のお話
学年主任の先生のお話
進学や学力についてのお話を聞く
(さすが進学校、生徒指導の話はほとんど無し)

終了後、ラグビー部の監督、校長先生、教頭先生、学年主任の先生
いろんな人に挨拶される。

PTAの役員をしていると学校とのパイプは確実に太くなる。
これは大きなメリットだ。
posted by fieldオヤジ at 18:36| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。ボトルメールから来てくださって、ありがとうございます。
副会長さんですか。大変なお仕事ですね。
でも、「PTAの役員をしていると学校とのパイプは確実に太くなる。
これは大きなメリットだ。」
確かにそうですよね(*^▽^*)
私もPTAの役員になったから知ったこと、勉強になったことがたくさんあります。
それに、校外で校長先生に偶然お会いして、校長先生のほうから声をかけていただいたときは、嬉しかったです(^▽^)こういうことが、学校とのパイプが太くなったということでしょうか。
では、また来ます♪
Posted by うぇる at 2008年10月13日 22:56
うぇるさん。こんばんわ
つたないブログにようこそです。
PTAの役員は確かに大変なこともあるのですが、
やる以上楽しくっていうのが肝心ですね。
めったに聞けない話が聞けたり
いろんな人と知り合いになれたり…
学び・気づきはかなりありますね。
(こんなこと言ってるから役員が回ってくるのかもしれませんが)
小学校・中学校では味わえない面白さが高校のPTAにはありますよ。
Posted by fieldオヤジ at 2008年10月14日 23:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。