2009年11月25日

TAKURO YOSHIDA CONPLETE TAKURO TOUR 1979

TOUR1979
30年前のライブアルバムの復刻盤である。
TAKURO1979.jpg尖がっていた頃の吉田拓郎の伝説のライブアルバムである。
1979年20歳
車は白いスプリンタートレノ
もちろんマニュアルミッション
ドライブはもちろん”海”だった。
ジーンズはリーバイスでもエドウィンでもなく
ラングラーかビッグジョンの時代である。
アイドルはジュリー、山口百恵の時代である。
ハイライトをいきがって吸っていた時代でもある。

月日は流れ
若者はオヤジになって
車は黒いステーションワゴン(当時はライトバンと呼ばれたスタイルである)
ドライブはお寺巡りになってしまった。
それでも
オープニングの
”知識”には鳥肌が立った
言葉をみんな食い荒らし
知識のみがまかり通る
一人になるのに理由がいるか
理由があるから生きるのか

自由を語るな不自由な顔で
君は若いと言うつもりかい
年功序列はふるいなどと
かんばんだけの知識人よ


戦慄の吉田拓郎ここにありである。
posted by fieldオヤジ at 23:08| Comment(0) | サウンドレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。