2010年10月12日

真夜中の動物園

DSCN2526.jpg中島みゆきの新作は
力を入れずに何気なく背中を押してくれる
決して大きくはないけれど
小さな一歩を確実に進ませてくれるであろう作品である。
本人曰く

「懐かしいのに、アグレッシヴ。繊細なのに、プリミティヴ。心に沁みるソフトロックの真骨頂」と表現している通り、どこか懐かしいフォークの響きの中に“中島みゆき”らしい力強いメロディとメッセージが織り交ぜられた作品。

わけのわからん人生でした あちらぶつかり こちらぶつかり
様にならない人生でした 間違いばかりをやらかしました
こけました へこみました
なのになんにも学べていません
もう愛します 今日以来
愛されたがりは罪つくり
もう愛します 今日以来
愛したがりになれるかな
(今日以来)


コンサートが待ち遠しい
posted by fieldオヤジ at 23:36| Comment(0) | サウンドレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。